チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法【フラッグ】

チャートパターン
チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法【フラッグ】

今回は、私もエントリーの判断基準として頻繁に活用しているフラッグについて解説していきます。

FXの本などに、基本的なチャートパターンの一つとして
必ずと言っていいほど載っているフラッグ。

高値を結んだラインと安値を結んだトレンドラインが共に意識され一方向へ力強くいくには圧力は足りない時に発生します。そのためブレイク後は溜め込んだエネルギーにより、反動で大きく動く傾向となっています。

フラッグは2種類あり、ある一定のレンジの中で値動きをする平行チャネルと再細りするウェッジがあります。

また、教科書通りのチャートパターンを意識する投資家の思考を逆手にとってブレイクしたと見せかけてストップロスを巻き込んでからの逆行などフェイク的な値動きも当然起きます。

今回も普通のFX本やサイト等には書いていないような本質を解説していきます。

是非最後まで読んで学習していただきご自身のトレードに役立ててみてくださいね。

チャートパターンの極意 大きな時間軸でフラッグを制する

チャートパターンの極意 大きな時間軸でフラッグを制する

一見チャートパターンは、次の方向を示唆するための判断材料として、ある一定の短い期間にフォーカスしがちですが、フラッグに関しては長い時間軸から落とし込んで行くのがお勧めです。

実際に上のビットコインチャートを見ていただくと分かる通り

上昇後の不規則な乱高下 → 三角保ちあい → 下抜け → ダブルトップで安値を一瞬深掘ってからの急騰 → 逆U字で下落してきてチャネル下限で下げ止まり → 自律反発反発するも逆U字で頭を押さえつけられて下落 → →肩下がりの三尊形成かと思いきやチャネル下限到達前に下げ止まり急騰 → ダブルボトムを形成し一気にブレイクしチャネル上抜け

といった複雑な値動きがチャネル内で行われています。
チャネルがなければ上か下か方向感が全然読めませんが、チャネルでラインを引いておくことで、ここまで来ることはありえるという発想を持てるので十分引き付けてからリスクを限定しポジションを持つことが可能です。

大事なのは、こうなるかもしれないという仮説を知っておくということです。
大きな時間軸での可能性を押さえておくと、リスクリワードでポジションを持つべきか判断もしやすくなりますし、逆行した場合もドテンしても大丈夫な相場環境か判断しやすくもなります。

大きな時間軸でフラッグの仮説を立てておくのはお勧めです。

フラッグ形成時は値動きのパフォーマンスに注目

フラッグ形成時は値動きのパフォーマンスに注目

フラッグがどこまで続くかは、値動きのパフォーマンスに注目すると見えて来ます。
上のチャートを見ると最初のうちは上昇パフォーマンスが高く上値が押さえつけられていますが、まだまだ上を試しに行く可能性を強く感じます。
しかし、ある程度上昇していったタイミングで上昇パフォーマンスより下落パフォーマンスが上回り、それを界に高値を試せなくなっています。
結果、このチャートではフラッグを下抜けしました。

フラッグを否定する兆候として、フラッグ内の値動きの規則性が崩れる+値動きのパフォーマンスに偏りが出る。

これが感じられる値動きになったら要注意です。

フラッグは乖離限界で力強く反発する可能性が高い

フラッグは乖離限界で力強く反発する可能性が高い

フラッグのチャートパターンの中でも、ウェッジに目立ってよく見られますが、トレンドが進行するといずれ行き詰まりが見え始めます。
その結果、今まで頭を押さえつけてきたトレンドラインやサポートされてきたトレンドラインにへばりつくようになり、押さえつける力がなくなったタイミングで一気にブレイクする傾向が多いです。

チャートパターンの極意 注意すべきフラッグの値動き

フラッグの値動きでトレンドが進行したから必ずしも乖離限界に達するタイミングで反発するとは限りません。
特に下降ウェッジで下方乖離の限界に達するタイミングで一旦上抜けするかと思いきや、そのままサポートラインを下抜けなんてことは少なくありません。

あとは、一旦フラッグを抜けたと思ってブレイクアウトでエントリーしたらロスカットを巻き込んでフラッグに回帰し、そのまま逆の方向へブレイクするなんてことも普通にあります。

どうすれば負けないか?

ブレイクした後に一旦回帰してくる値動きを待つ

これだけです。

そのまま進行したら諦める

一旦戻ってきて逆方向へ行かないことを確認した後にポジションを持てばリスクは少ないです。

これをトレンドフォロー中の逆張りと私は名付けて使用してます。

まとめ

意識するポイントは3つ

  • フラッグは2つのパターン
  • 保ちあい中は値動きのパフォーマンスを意識する
  • エントリーはブレイクしてから

ここをまず意識するだけで優位性があるかないか判断ができます。
あとは、自分の目で何度も繰り返しチャートを見て優位性がある値動きでどんな兆候があるか?
フェイクで終わるのはどういう時か?
実際に過去チャートを見たりデモトレードで練習したりしていきましょう。

関連記事

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

タイトルとURLをコピーしました