チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法 【V字編】

チャートパターン

今回は、基礎中の基礎で最も多く目にするV字について解説していきます。

FXの本などに、基本的なチャートパターンの一つとして必ずと言っていいほど載っているV字。

トレードを始めて間もない駆け出しの投資家にとって、視覚的にも非常にわかりやすいチャートパターンの一つですが、分かりやすいといって落とし穴がないかというとそうではありません。

普通のFX本やサイト等には書いていないような本質を解説していきます。

是非最後まで読んで学習していただきご自身のトレードに役立ててみてくださいね。

チャートパターンの極意 優位性のあるV字の値動き

右肩上がりのV字
右肩上がり+上昇圧力が強いV字

V字で上昇転換の優位性がある値動きは以下になります。

  • 下落スピードと同等もしくはそれ以上の速さで上昇し、下落前水準を取り戻している
  • ほぼ値幅的調整はなく安値をどんどん切り上げ高値圏を試して行く展開

よく見られる相場環境

  • 上昇トレンド継続中の押し目
  • レンジ相場が煮詰まりを見せた相場の転換点
DDS
DDS

過去チャートで上昇トレンド中の押し目や上昇トレンドに転換する直前の値動きを探すと結構優位性あるV字を見つけることができます。

チャートパターンの極意 優位性が帯びV字になる兆候

  • サポートラインの節目付近となる相対的に低い位置
  • 急落で底堅いサポートラインまで一気に喰い込んだ直後
  • 安値圏で一気に深掘った直後にできた下ヒゲの長いピンバー

チャートパターンの極意 注意すべきV字の値動き

注意すべき値動き
実体が右肩下がりのV字
注意すべき値動き
右肩下がり+上昇圧力の弱いのV字

V字で注意すべき値動きは以下になります。

  • 急落前水準を実体ベースで取り戻せない
  • 下落スピードが圧倒的に早い(下落圧力>上昇圧力)
  • その後の値動きも高値を切り下げる展開が目立つ

よく見られる相場環境

  • 下落トレンドの戻り高値形成時
  • 上昇トレンド末期の今まで見たこともない深い調整時

豆知識

豆知識
ダイヤモンドフォーメーション
豆知識
急落直後に見られるV字

傾斜が緩やかなV字の時によく見られるのが、上髭下髭がやけに目立ち、そのままダイヤモンドフォーメーションのチャートパターンへ突入する兆候となりうることです。

改めて記事は作成しますが、ダイヤモンドフォーメーションはよく時間軸が異なる2つの平行チャネルが機能している場合に見られます。

例)長期時間足で上昇の平行チャネルを形成中に短い時間足で見られる調整下落の平行チャネルを形成しているときによくなります。

また時間をかけて上昇した以上の値幅を一瞬で打ち消し、ロウソクの実体が著しく大きい状態で確定した場合、次のロウソク足がトレンド転換に優位性がある下髭のピンバーが出たからと言って逆張りを仕掛けると悲しい結果になりやすいです。(相場の格言;落ちてくるナイフは掴むな)

まとめ

意識するポイントは2つ

  • 下落前水準を実体ベースで取り戻したか取り戻してないか
  • 上昇圧力と下落圧力のバランス

ここをまず意識するだけで優位性があるかないか判断ができます。
あとは、自分の目で何度も繰り返しチャートを見て優位性がある値動きでどんな兆候があるか?
フェイクで終わるのはどういう時か?
実際に過去チャートを見たりデモトレードで練習したりしていきましょう。

V字は基礎中の基礎のチャートパターンの一つです。
ここをしっかり自分のものにすることで、Nや逆NやWやMなどのチャートパターンを学習するのに応用が効きますし、実戦の相場分析でも一番使うチャートパターンです。
是非、ものにしましょう。

関連記事

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

タイトルとURLをコピーしました