【仮想通貨 初心者は必見】ビットコイン 投機のチャンスはこれから来る!

Crypto
【仮想通貨 初心者は必見】ビットコイン 投機のチャンスはこれから来る!

今更ながら仮想通貨についてちゃんと勉強しようと思って、どうせなら買ってみようかなと思うんだけど先日の大暴落を見て大丈夫かなとちょっとビビってます。

投資にリスクは付きものだけど、、、価格の変動が大きすぎる。とはいえ、一発当てれば儲かるのも事実。どうすべきかな…

今日はこんな疑問に答えていきます。

✅本記事の内容

本記事では、ビットコインを始めるための第一歩をまとめてます。
具体的には、『仕組みを理解→価値が上昇する期待値→実際に購入→保管と管理』の手順が
オススメです。

ビットコインの概要と仕組みを理解しましょう

ビットコインの概要と仕組みを理解しましょう

ビットコインとは?既に皆さんも耳にしているかと思いますが2008年サトシナカモトがインターネット上に投稿した論文『世の中にこんな通貨があったら便利だよね!』という考え方に、世界中の研究者やプログラマー、ハッカーに至る多くの人たちが触発され、有志が集まって作られ、2009年にデジタル化された分散型の暗号通貨ビットコインが誕生しました。

ビットコインは実際にインターネットを使用し、お金または価値を人同士が直接世界中のどこにでも送ることが出来ます。

しかも銀行やペイパル等、どんな集中管理の仕組を使用せず、簡単に送金することが出来ますし、完全に安全で匿名で使え非常に早く世界中の何処にいても使えます。

基本的には手数料もほとんど掛からず、誰でも使うことが出来るまさに通貨の未来の形です。

はじめてのビットコインの商取引はピザ1枚といわれていて、その時支払われたビットコインは1万ビットコイン(今の相場で言ったら、約10億円のピザを購入したことになりますね。)

皆さんにビットコインについてお話しするうえでもう一つ皆さんに知っておいていただきたい言葉があります。

それはフィンテックです。
フィンテックとは、ファイナンシャル(金融)とテクノロジー(技術)が組み合わさった造語で、2014年ころから日本でもニュースなどで使われるようになってきました。

どういうのがフィンテックかというと、例えばスマートフォンの電子決済や自動で家計簿が作れるクラウド家計簿なんかが有名です。最近ではアメリカで開発に熱が入っている複数のクレジットカードやポイントカードを1枚にまとめることが出来る電子カードなんかもフィンテックです。

フィンテックの中でも注目を集めているのがビットコインに使われているブロックチェーン技術です。

ブロックチェーン技術について簡単に説明しますと、ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークであり、中央集権を置かずにして信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。

どういうことかというと、銀行をはじめ多くの企業は、個人情報や企業情報をハッカー達から守る為、セキュリティに莫大な費用を掛けています。

なぜそんなことをする必要があるかというと、例えば皆さんが持っている銀行のキャッシュカードやクレジットカードに設定している4桁の暗証番号は一度設定したら基本的に変更しない仕組みとなっていますよね。

でも実はこれって、ハッカーの手にかかれば簡単に解除されてしまうんですね。

それは暗証番号が65,535通りの中の一つだからなんです。それを一つずつ潰していけば簡単に破られてしまいますよね。でもブロックチェーン技術は違います。一つのアクションを行うごとにパスワードが更新されていくのです。

1234というパスワードが次の取引の時には5678と自動で切り替わってるんです。
既にビットコインを持っていて取引経験がある方なら分かると思いますが、一度でもビットコインを送金したり受け取ったりしたら、その次に使用する時のウォレットアドレスは変わっているのです。

よく私の所に相談がくる内容として、「登録してある受信アドレスと今のウォレットの受信アドレスが変わってます、大丈夫ですか?再登録しないとダメでしょうか?」と相談しにくる人がたまにいます。

そんな時は、大丈夫ですよ再度仕組みを説明して不安を取り除いています。
私もそうでした。やはり慣れないと不安なんですよね。
でも、何回かやってるうちになれるので大丈夫です。

ここまでのお話で、ビットコインってなんか凄い仕組みなのかもって思って頂けたかと思います。

ここまでの説明を一旦まとめて簡単に意味を解説すると次のとおりです。

仮想通貨:特定国家による価値の保証を持たない通貨のこと。ビットコイン以外にも有名な
ブロックチェーン:仮想通貨を実現する仕組みのこと。改ざん困難な記録の方式なので期待されている。(wiki

これが超最低限の知識ですが、もう少し広く・深く理解しておくことをオススメします。広く・深く理解するにあたってのお勧めの動画はこの2つです。

特に中田敦彦のYouTube大学はお勧めチャンネルです。
その理由についてはこちらのサイトの記事がとても参考になりましたので良かったら読んでください。
お勧めYouTube動画チャンネル Vol.1

【仮想通貨①】ビットコインの歴史は壮大なサスペンスドラマ
DDS ビットコインとお金の未来

ビットコインは今後 価値がどんどん上昇するか予測してみましょう

ビットコインは今後 価値がどんどん上昇するか予測してみましょう

ビットコインの価値は今後どんどん上がって行くと思います。ただ、注意して欲しいのは価値は上がってもイコール価格が上がるにはならないということです。
実際、2020年3月は金融市場全体が世界恐慌の再来かと感じたショック相場でビットコインもつられて下落しました。

本来ならリスクオフ相場(投資先をリスクの高い金融商品から、リスクの低い金融商品(安全資産)に移す動き)の時は、GOLD(金)などの安全資産が上昇するのですが、一緒に暴落したりと全ての金融商品が大暴落となり、ビットコインもその煽りを受けた感じです。

本来なら2013年のキプロスショック時のように急騰してもおかしくないはずのビットコインも下落したのです。

だからといって、ビットコインの価値は下がったのかというと逆に寄付で使えるとか、イタリアの銀行が国内封鎖でビットコイン取引を提供したりと価値が認められてもいます。
 
しかし、ここまで価格が下落した今、ビットコインの未来の価格が今後どうなるかなんか分かりっこないというのが現状です。

ただ、言えるのは今年の5月に半減期があります。そして延期の不安もありますが東京オリンピックが開催されれば、多くの外国人が来日するのは確実です。

そのとき必ず決済の課題が浮かび上がります。

一つ質問です。

あなたがもし、海外へ旅行するとしたら渡航先の国の通貨に両替しますよね?

これ面倒ですよね。

だからクレジットカードをメインにする人もいますが、でも全てクレジット決済ができるかというとそうではありませんし、私たち日本人はクレジットカードを持っているのがほぼほぼ当たり前の感覚ですが、海外の人にしたら持ってない人だってザラにいます。

つまり多くの外国人が来日するにあたりビットコインのような世界共通の通貨があると便利だよねというのは皆理解しています。

ただ、通貨として重要な価値の安定や決済速度の問題で使いにくいという問題点であったり、両替手数料の利権問題から、認められないのも事実です。

お金の未来の形ともいえるビットコインですが、まだまだ課題は山積み
だから無理なの?って思うかもしれませんが、ビットコインはすでにBTCFXとして金融市場で取引されています。

しかも、ビットコインの取引は365日24時間休まず市場が動いているのです。
これは凄いことです。

取引時間で言えば、日本の株式市場の取引は平日の9:00〜15:00までです。
FXの取引は月曜の朝から土曜日の未明までとなっています。

株式もFXも取引できない時間があるのに対し、ビットコインは取引できない時間はありません。つまりそれだけ投資家が集まりやすい注目しやすい市場といえます。

様々な課題はありますが金融市場で地位を確立しつつあるビットコインの価格は十分上がるポテンシャルを秘めていると私は思っています。

ビットコインを実際に購入してみましょう

ビットコインを実際に購入してみましょう

ビットコインを購入するには、取引所に登録する必要があります。世界中には様々な取引所がありますが、まずはbitFlyer(ビットフライヤー)コインチェックで良いかなと思います。
» bitFlyer|仮想通貨 ビットコインの購入の取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

私もビットコインを購入する際は使っていますし、業界最大手の2社だけあってサイトの使いやすさ、購入できる通貨の種類、手数料、レバレッチ倍率を含め、初心者には不満は出ないレベルだと思います。中級レベルになったら、海外の取引所でしか扱ってない暗号資産などニーズに合わせて徐々に開設していくと良いです。

実際に購入する流れとは?
ほぼ説明するまでもないですが、ざっくり解説します。
ここではbitFlyerでの購入方法で解説します。基本どの取引所でも中身は同じです。

ステップ①:bitFlyerに登録する
ステップ②:bitFlyerで個人情報を登録する
ステップ③:パソコンから仮想通貨を購入する

ステップ①:bitFlyerに登録する

ここは超簡単。bitFlyerのトップページから会員登録しましょう。
» bitFlyer|仮想通貨 ビットコインの購入の取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ステップ②:bitFlyerで個人情報を登録する

ちょっと面倒なのがこのステップ②です。本人確認として、免許証のような本人確認書類を送付しないといけません。これがないとマネーロンダリングでドロドロになりますからね。

とはいえ、本人確認書類はオンライン送信できるので簡単に完了します。ここで離脱する人が多そうですが、情報強者になるために頑張りましょう。

ステップ③:パソコンから仮想通貨を購入する

1回やれば慣れるので安心してください。ここは画像にて方法解説しますね。

bitFlyerの会員登録_1

まずは、「ビットコイン取引所」をクリックしたあとに、数量(BTC)を入力します。
画像では0.05BTCとしていますが、これだと5万円くらいです(※1BTC=100万円で換算)。慣れないうちは、0.001BTC(約1,000円くらい)で試すのが良いと思います。

bitFlyerの会員登録_2
bitFlyerのトップページから会員登録しましょう。bitFlyerのトップページから会員登録しましょう。

次に「価格(BTC/JPY)」を入力します。
入力欄の上に随時動いているレート(実際に取引されているレート)が表示されていますので、そこをクリックすれば自動入力されます。オレンジ色で囲ってあるあたりのレートをクリックすると購入しやすいです。

bitFlyerの会員登録_3

最後に「注文を実行する」をクリックすると購入完了です!

以上がビットコインを実際に購入する流れになります。

是非、この機会に挑戦してみしましょう。

ビットコインは必ずウォレットで保管と管理をしましょう

ビットコインは必ずウォレットで保管と管理をしましょう

さてビットコインの話で一番怖いのはハッキングです。日本でも過去に2度マウントゴックスとコインチェックのハッキング事件がありました。そもそもマウントゴックスやコインチェックは取引所の一つに過ぎないのをちゃんと理解しましょう。例えば海外旅行に行くのに円からドルに交換する時、銀行や空港をはじめ色んな所で換金できますよね、ビットコインも同じです。沢山ある取引所の一つがハッキングされただけです。

まずこの2つのハッキング事件の詳細ですが、マウントゴックス社の事件は、顧客にウォレットの管理が大変ですよねと言って、顧客のウォレットとパスワードを預かり、その情報を使いマウントゴックスの社長が横領しビットコインが無くなったと騒いだのが真相です。でも当時の日本はどんな報道をしたかビットコイン社長逮捕とかビットコイン盗難されたとか適当な報道が飛び交いました。麻生財務大臣もビットコインは怪しいと思っていた。いつかこうなると思っていたとかコメントしている動画をyoutubeで見つけた時には笑いました。

コインチェックのハッキング事件は、コインチェックがホットウォレット(オンライン)で管理していたのと、コインチェックがNEM運用にあたり推奨しているセキュリティ体制(マルチシグコントラクト)を採用していなかったの2点があります。

この2つのハッキング事件から学べるのは、自分の資産は自分で守るべきということです。

そのためにもウォレットを作成して自分で保管と管理を徹底しましょう。

お勧めのウォレットはこちら

https://www.blockchain.com/ja/explorer
bitpay/copay
Copay wallet is now Bitpay Wallet. Contribute to bitpay/copay development by creating an account on GitHub.

まとめ

ビットコインの価値はこれからどんどん上がって行くのが目に見えています。

ただ、価値の上昇に連動して価格が上がるかと質問された場合の回答として、その保証は全くないというのが現状です。

しかし、金融市場で年々注目度が上がっているビットコインは価格が上がる期待値がとても高いといえます。

2020年3月のショック相場で暴落して市場は悲観していますが、チャンスは悲観の中から生まれるものです。底堅さが見えれば積極的に買っていってもリスクは最小となる絶好の価格帯。
しかも狙える期待値は少なくても2倍です。
十分、チャンスだと思います。

タイトルとURLをコピーしました