【相場観】ビットコイン 手出し厳禁!?大きな初動を見極めるフェーズ 20200814

私の相場観
【相場観】ビットコインFXチャート分析 手出し厳禁!? これからはポジションを持たず大きな初動を見極めるフェーズ 20200814

ここでは日々のチャート分析から取引候補としている銘柄の戦略についてノートに記録していることを公開しています。

注意

  • 分析は毎日AM4:00頃に実施していますので、その時間までに形成されたローソク足での分析となります。
  • エントリーポイントは公開しません。
  • トレードスタイルは、スキャルピング〜デイトレードがメインです。
  • 銘柄は私が見ている銘柄、Bitcoin、GOLD、USDJPY、EURUSD、GBPJPY、USDCHF、AUDJPYですが、相場環境によっては見る銘柄の増減があります。
  • 優位性がない寝静まった相場環境は見ません。
  • あくまでの私の戦略です。トレーダーの一意見として参考にしてください。

Bitcoin (ビットコイン)

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200814

ビットコインは、昨日の分析以降、124万円の価格帯で頭を押さえつけられ逆U字を形成し一旦下落。

しかし、その下落は下げ幅限定で一過性の下落となり、再度上昇してくるも、123万円を超えたあたりで上値が重くなり、前回高値を取り戻せていない状況となっています。

昨日の仮説のシナリオていうと、上昇パターンの2というより、方向感が定まらない三角保ちあいの値動きのほうがしっくりくる感じです。

これからの値動きを分析する上でも昨日のシナリオを理解しておくことで分析に深みが増しますので是非チェックしてください。

このあと、どういった値動きをする可能性があるか色々仮説を立てたのを紹介したいと思います。

今回の分析で意識したポイント

  • 121万5千円の中間領域
  • 111万円の価格帯
  • 126万円の価格帯
  • 直近の高値を結んだトレンドライン
  • 直近の安値を結んだトレンドライン
Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200814 仮説

上昇パターン①

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200814 仮説 上昇パターン1

直近の安値を結んだトレンドラインにしっかりをサポートされ126万円を何度も試す。アセンディングトライアングルを形成し、そのまま一気に126万円の節目を上抜けしていく

上昇パターン②

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200814 仮説 上昇パターン2

高値と安値を結んだトレンドラインでできる三角保ちあいの中で煮詰まりを形成し、煮詰まりの結果、三角保ちあいを上抜け、一気に126万円の節目も上抜けしていく

下落パターン①

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200814 仮説 下落パターン1

直近の高値を結んだトレンドラインに頭を押さえつけられ121万5千円の節目を何度も試すディセンディングトライアングルを形成し、そのまま一気に121万5千円の節目を下抜け。もう一段下の111万円の価格帯目指し下落に転じる

下落パターン②

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200814 仮説 下落パターン2

高値と安値を結んだトレンドラインでできる三角保ちあいの中で煮詰まりを形成し、煮詰まりの結果、三角保ちあいを下抜け、一気に121万5千円の節目を下抜け。もう一段下の111万円の価格帯目指し下落に転じる

DDS
DDS

今日の仮説のポイントは、121万5千円の価格帯と126万円の価格帯のレンジ相場で、この後の値動きは、次いく方向を決めるために徐々に値動きを縮小させる展開になるという内容となります。

時間足別の環境認識と戦略

日足
下髭の長い陽線になりそうです。

勢いこのまま上昇できるかは、この後の引けにかけての値動きに注目したいと思います。

4時間足
124万円で上値を押さえつけられていたのを日足確定となる最後の4時間足で一気に上抜けしてきました。

どこまで上昇できるかは、下位の時間足と並行して汲み取りたいと思います。

1時間足

昨日の夕方の下落で力強い自律反発を見せて巻き返してきているもののその上昇はなんとか底値を切り上げている状況で力強さをあまり感じませんでしたが、5時台から上昇が強くなり始め、6時台で一気に増して、今もなお継続中です。

126万円の価格帯がどこまで上値を重くするか注目したいと思います。

戦略

すでに上昇パターン①の仮説が一番優位性がある状況となりつつありますが、まだ上昇パターン②と下落パターン②の可能性も0ではありませんので、直近高値を明確に捉えれるかに注目し、捉えれた場合は、積極的に押し目買い戦略を組み立てたいと思います。

参考資料

相場分析に使用しているTradingViewの使い方はこちら

TradingViewでインジケーターを設定する方法【初心者向け】

値動きについてはこちら

プライスアクションリサーチナビ 世界基準の分析理論を制する思考

意識される節目を特定する方法はこちら

多くの投資家が意識している節目を特定する考え方

チャートパターンからチャートの右側を予想する方法はこちら

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

まとめ

私の相場観が正しいと言えませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました