【相場観】ビットコイン 上昇期待MAX 20200824

私の相場観
【相場観】ビットコインFXチャート分析 アセンディングトライアングル形成で上昇期待MAX 20200824

ここでは日々のチャート分析から取引候補としている銘柄の戦略についてノートに記録していることを公開しています。

注意

  • 日々の相場観で分析するのはBitcoinのみです。
  • 分析は毎日AM4:00頃に実施していますので、その時間までに形成されたローソク足での分析となります。
  • トレードスタイルは、スキャルピング〜デイトレードがメインです。
  • エントリーポイントは公開しません。
  • あくまでも私の相場分析と戦略です。一人のトレーダーの意見として参考にしてください。
  • 普段私が主にトレードしている銘柄は、Bitcoin、GOLD、USDJPY、EURUSD、GBPJPY、USDCHF、AUDJPYとなっています。

Bitcoin (ビットコイン)

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200824

ビットコインは、昨日の相場分析以降、頭を押さえつけられ失速して下落に転じました。

しかし、上抜けした下降ウェッジのトレンドラインであったり、過去何度も意識された価格帯に喰い込むことなく下げ止まりを見せて、そこから再度上昇転換し、昨日頭を押さえつけたれた価格帯を再度試しに来ています。

4時間足以下の時間足では、チャートパターンで綺麗なアセンディングトライアングルを確認できることから126万円目指して上昇していく期待は十分持てる状況となっています。

この後、どういった展開となりうるか徹底分析していきます。

今日の相場分析

✅分析で意識したポイント

  • 124万円の価格帯
  • 126万円の価格帯
  • 115万円の価格帯
  • 平行チャネル
  • 直近安値を結んだトレンドライン
Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200824 今日の相場分析
DDS
DDS

目線は上
できたら、トレンドラインまで引きつけてから底堅さを確認して短期買いの戦略で立ち回りたい。

ただ、上も126万で重くなるので利幅を考えると余程明確な値動きにならない限り、様子見するのもあり。

上目線を取りやめるタイミングは、ウェッジの上限で頭を押さえつけられたり、トレンドラインを下抜けしたとき。

分析根拠

  1. アセンディングトライアングルで上昇期待は大。
  2. 直近安値を結んだトレンドラインにサポートされているうちは上昇と判断。
  3. 直近高値を結んだトレンドラインと安値を結んだトレンドラインでウェッジを形成しているので、高値を結んだトレンドラインを更新できない場合は下落注意。
  4. 先日まで機能していた平行チャネルのトレンドラインと126万円の価格帯で上値が重くなる可能性がある。
  5. トレンドラインを下抜けても115万円の価格帯がある程度意識されて下げ止まる可能性がある。

時間足別の環境認識

日足
この後の引けにかけての値動きで、一気に下髭の長い陽線にもなりえますし、陰線の可能性も0ではありません。

期待値としては陽線ピンバーから陽線で確定させる可能性が高いので期待通りになるか引けにかけての時間に注目したいと思います。

4時間足
アセンディングトライアングルを意識でき、日足確定の最後の4時間足で明確にアセンディングトライアングルをブレイクできるか下位の時間足と並行して注目して行きたいと思います。

1時間足
直近では時間の経過とともに買い圧力が増し、頭を押さえつけられている価格帯にグイグイ食い込んでいるように見えることから、いつ力強くブレイクしてもおかしくない状況で、上昇優位性MAXと言えます。

中期目線で要注意ポイント

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200824 今日の相場分析 中期目線で要注意ポイント 三尊

仮にここから上昇しても126万円で頭を押さえつけられる展開になった場合、日足で三尊を意識できることから一気に売り込まれる可能性がでてきます。

値動きで下落パフォーマンスが上昇して来た時は、115万円の価格帯を下抜けするのを警戒したいと思います。

参考資料

相場分析に使用しているTradingViewの使い方はこちら

TradingViewでインジケーターを設定する方法【初心者向け】

値動きについてはこちら

プライスアクションリサーチナビ 世界基準の分析理論を制する思考

意識される節目を特定する方法はこちら

多くの投資家が意識している節目を特定する考え方

チャートパターンからチャートの右側を予想する方法はこちら

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

まとめ

私の相場観が正しいと言えませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました