【相場観】ビットコイン トレンドラインでまだまだ上昇継続!? 20200825

私の相場観
【相場観】ビットコインFXチャート分析 トレンドラインが意識され目先はまだまだ上昇期待大! でも油断は禁物。 20200825

ここでは日々のチャート分析から取引候補としている銘柄の戦略についてノートに記録していることを公開しています。

注意

  • 日々の相場観で分析するのはBitcoinのみです。
  • 分析は毎日AM4:00頃に実施していますので、その時間までに形成されたローソク足での分析となります。
  • トレードスタイルは、スキャルピング〜デイトレードがメインです。
  • エントリーポイントは公開しません。
  • あくまでも私の相場分析と戦略です。一人のトレーダーの意見として参考にしてください。
  • 普段私が主にトレードしている銘柄は、Bitcoin、GOLD、USDJPY、EURUSD、GBPJPY、USDCHF、AUDJPYとなっています。

Bitcoin (ビットコイン)

ビットコインは昨日の相場分析以降、意識される価格帯を上抜けすることができず陰線ピンバーで確定。

上値重く下落に転じましたが昨日描写していたトレンドラインでしっかりサポートされ、再度上昇。

今度は意識される価格帯を上抜けして来ました。

ツイッターでもさきほど報告しましたが、昨日の戦略と同じ立ち回りでトレードした人はしっかり利益を出せたのではないでしょうか?

利益を出せた方は、本当におめでとうございます。

利益を出せたのは間違いなくあなたの実力です。

自信を持っていただければと思います。

ただ、慢心してはいけません。

勝って兜の緒を締めよ」ということわざがあるとおり、今回のトレードに問題がなかったか振り返りを行い、気持ちを改めて、この後の展開はどうなるか?謙虚にフラットな思考で相場に向き合いましょう。

これからの値動きを分析する上でも昨日の分析を理解しておくことでこれからの値動きの分析に深みが増しますので、是非そちらも見て参考にしてください。

今日の相場分析

✅分析で意識したポイント

  • 124万円の価格帯
  • 126万円の価格帯
  • 115万円の価格帯
  • 平行チャネル
  • 直近安値を結んだトレンドライン

トレンドラインが機能している間は、上昇継続と判断します。

今はトレンドラインと平行チャネルの下限でウェッジを形成していることから上昇圧力が衰退しないかに注目

ただ、平行チャネルの下限と126万円の価格帯でどれだけ上値が重くなるかに引き続き注意は必要です。

DDS
DDS

・一番の注目はどこまでトレンドラインが機能し上昇継続となるか?
・トレンドラインは次タッチしたら4回目賞味期限切れも警戒しないといけないな。
・平行チャネルの下限とトレンドラインでうウェッジを形成しているのでポッキリ折れた時、一気に下落が進行しないかには要注意。115万円の価格帯まで一気に走るかもしれない。
・日足では上髭下髭のある陽線。力強さはないから上昇転換すると安易に思うのはまだ危険かも

時間足別の環境認識と戦略

日足
上髭下髭のある陽線で確定しそうです。

この後の上昇で明確にチャネル内へ回帰できるか?
それとも頭を押さえつけられ下落に転じるのかに注目したいと思います。

仮に下落に転じでも、値動き的にダブルボトム形成を意識できる可能性は十分あるので安易に下目線へシフトするより、今はまだ再度上昇するための調整期間中という視点に意識を傾けて細かい時間足に落とし込んでいきたいと思います。

4時間足
平行チャネルの下限に接した段階で頭を押さえつけられている以上、サポートされているトレンドラインの賞味期限が切れた時にポッキリ折れて下落が進行する可能性があることを注意したいところです。

今の値動きからどんなに上昇しても、126万円の価格帯と平行チャネルの下限がコンセンサスする価格帯で一気に売り込まれる可能性があるのでどこで上げ止まりを見せてくるか?下位の時間足と並行して注目したいと思います。

1時間足
今は125万円の価格帯で頭を抑えるけられた後、調整といった感じで下落し底固めを展開している状況に感じます。

124万円の意識される価格帯とトレンドラインがどこまで意識されて上昇継続を維持できるかに注目したいと思います。

戦略
トレンドラインでサポートされU字で再度上を試しに来る可能性は十分あります。
ただ、このあとの平行チャネル下限のトレンドラインと126万円の価格帯で頭を押さえつける圧力次第では、一気に115万円の価格帯まで下落に転じないとも限りません。

意識される価格帯での売り圧力とトレンドラインでのサポート力を見極めてリスクを限定しての売り戦略は、中期で三尊を意識する投資家もある程度見込めることから効率のいい下落は狙える可能性は十分あります。

でもそのためにはもう一段上に喰い込んで欲しい欲しい所。

今のままで下落した場合

三尊で下落する以上に、日足ダブルボトム形成で力強い上昇の可能性も出るので焦らず引きつけることを心がけたいと思います。

参考資料

相場分析に使用しているTradingViewの使い方はこちら

TradingViewでインジケーターを設定する方法【初心者向け】

値動きについてはこちら

プライスアクションリサーチナビ 世界基準の分析理論を制する思考

意識される節目を特定する方法はこちら

多くの投資家が意識している節目を特定する考え方

チャートパターンからチャートの右側を予想する方法はこちら

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

まとめ

私の相場観が正しいと言えませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました