【相場観】ビットコインFX 教科書通りの押し目形成からの上昇 このまま一気に爆上げとなるか!? 20200902

私の相場観
#BTC #bitcoin #仮想通貨 【相場観】ビットコインFXチャート分析 教科書通りの押し目形成からの上昇で12,000$突破! このまま一気に上昇継続で爆上げとなるか!? 20200902

ここでは日々のチャート分析から取引候補としている銘柄の戦略についてノートに記録していることを公開しています。

注意

  • 日々の相場観で分析するのはBitcoinのみです。
  • 分析は毎日AM4:00頃に実施していますので、その時間までに形成されたローソク足での分析となります。
  • トレードスタイルは、スキャルピング〜デイトレードがメインです。
  • エントリーポイントは公開しません。
  • あくまでも私の相場分析と戦略です。一人のトレーダーの意見として参考にしてください。
  • 普段私が主にトレードしている銘柄は、Bitcoin、GOLD、USDJPY、EURUSD、GBPJPY、USDCHF、AUDJPYとなっています。

Bitcoin (ビットコイン)

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200902

ビットコインは昨日の相場分析以降、サポートラインとして意識していた124万円の価格帯を維持できず一旦は下落に転じました。

しかし、123万円のレンジ中間点でしっかりサポートされ、15分足でダブルボトムを形成し再度上昇。

この上昇が4時間足で陽線ピンバーで確定。

この4時間足を見た投資家心理は、押し目形成でこれから高値更新を目指して上だと思わせるにはインパクトは十分。

押し目買いだと判断され、一気に買いが入り力強く上昇し、過去何度も頭を押さえ受けられている127万円の価格帯に力強く食い込んできました。

この価格帯いつもブログを読んでくださっている方ならお分かりかもしれませんね。
そう、ここは世界中のビットコイン投資家が意識している12000$という価格帯。

今この価格帯に再度、喰い込んできたという状況となっています。

このまま一気に上昇継続で爆上げとなるか?

今日も分析していきたいと思います。

分析をする前に一つ提案があります。これからの値動きを分析する上で昨日のブログから値動きの前提を理解しておくと今日の分析により深みが増します。

是非そちらも見て参考にしてください。

今日の相場分析

レンジ上限として意識してきた価格帯を上抜けた今、この価格帯がサポートとしてどれだけ機能するかに注目です。

仮に下抜けたとしても、125万5千円の価格帯は過去何度か意識された価格帯でもあり今回の上昇でも押し目として機能していることから、ここで一旦下げ止まる可能性は十分考えられます。

ここで、下げ止まって再度底固めを見せてからの上昇となる展開も十分考えられるのでこの後の時間はサプライズ的な暴落が起きない限り上目線継続が妥当です。

ただ、125万5千円を下抜けたら、ダラダラ高値を切り下げ安値を深掘っていく可能性が高まりますので、一旦は上目線は解除が賢明と思います。

時間足別の環境認識と戦略

日足
陽線で確定しそうです。

時間の経過とともに上昇圧力が増してきていることから、続伸の期待が高いと言えます。このまま、続伸となるかについては、下位の時間足の値動きを並行してこのあと見守りたいと思います。

4時間足
昨日の午前中に押し目を形成した後、力強く上昇をしてきていることから、まだまだ上昇圧力は健在と感じます。
今は、意識される価格帯を上抜けして、過去の上げ止まりを見せた127万5千円の価格帯と意識される価格帯でレンジを形成中です。

このまま、意識される価格帯がサポートとして機能し、続伸となるかについては、下位の時間足の値動きを並行してこのあと見守りたいと思います。

1時間足
昨日の上昇から127万5千円の価格帯で上げ止まりを見せていますが、ローソク足の実体を見ても、調整下落は迷いながらの下落に感じ上昇継続の期待は高いと言えます。
このまま、意識される価格帯がサポートとして機能し、127万5千円にペタペタとへばりつき上抜けできるか?それとも高値を切り下げて一旦深い調整になるかに注目したいと思います。

戦略
意識される価格帯でサポートされ続伸の期待は十分ありますが、一旦125万5千円まで深い調整があってもおかしくないのも事実です。

ここから買いを検討するなら、玉分割での立ち回りが堅実と判断します。

参考資料

相場分析に使用しているTradingViewの使い方はこちら

TradingViewでインジケーターを設定する方法【初心者向け】

値動きについてはこちら

プライスアクションリサーチナビ 世界基準の分析理論を制する思考

意識される節目を特定する方法はこちら

多くの投資家が意識している節目を特定する考え方

チャートパターンからチャートの右側を予想する方法はこちら

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

まとめ

私の相場観が正しいと言えませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました