【相場観】ビットコイン 平行チャネル上抜けで上昇転換と判断は早かった! 20200909

私の相場観
#bitcoin #仮想通貨【相場観】ビットコインFXチャート分析 平行チャネル上抜けで上昇転換の判断は早かった?トレンドラインの角度を変えたディセンディングトライアングルが牙をむく 20200909

ここでは日々のチャート分析から取引候補としている銘柄の戦略についてノートに記録していることを公開しています。

注意

  • 日々の相場観で分析するのはBitcoinのみです。
  • 分析は毎日AM4:00頃に実施していますので、その時間までに形成されたローソク足での分析となります。
  • トレードスタイルは、スキャルピング〜デイトレードがメインです。
  • エントリーポイントは公開しません。
  • あくまでも私の相場分析と戦略です。一人のトレーダーの意見として参考にしてください。
  • 普段私が主にトレードしている銘柄は、Bitcoin、GOLD、USDJPY、EURUSD、GBPJPY、USDCHF、AUDJPYとなっています。

Bitcoin (ビットコイン)

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200909

昨日の相場分析の直後に平行チャネルを上抜けする上昇を見せ、そのまま下髭の長い陽線ピンバーで日足を確定させました。

このローソク足を見た投資家心理として、一旦は113万円を目指す可能性が高いと判断する投資家も少なくありません。

しかし、113万円に到達することはなく、日足確定直後111万円で力強く頭を押さえつけられ、そのまま徐々に高値を切り下げ、そのまま力尽き再度平行チャネルに回帰してきました。

結果だけ見れば一過性の上昇で儚く散ったといった感じです。

この一連の値動きから想像できるのは、今回の上昇は下落ポジションの一旦の解消によるもので、111万円を目安に再度新規で売りポジションを持ったといったところ。

もしそうだとしたら、上昇転換はまだまだ先の話ということになってしまいます。

さらに今回の下落で105万円の節目をタッチしていることから平行チャネルのトレンドラインの角度を変えたディセンディングトライアングルを意識できる状況です。

このあとどう行った展開になりそうなのか?

今日も分析していきたいと思います。

これからの値動きを分析する上で昨日の動画で値動きの前提を理解しておくと今日の分析により深みが増します。是非そちらも見て参考にしてください。

今日の相場分析

✅分析で意識したポイント

  • 5/10の安値を起点としたトレンドライン
  • 9/4の戻り高値を起点としたトレンドライン
  • 108万円の価格帯
  • 105万円の価格帯

✅目先で意識したいポイント2つ

1つ目
日足確定時点でのローソクの実体が108万円を下抜けるかどうか?
下抜けた場合は目線は下にでき積極的に戻り高値を売りで入ることを検討する投資家が増えることが予想できます。
しかし、実体が108万円より上で確定となった場合、108万円での底堅さを示すことになり、日足でダブルボトム形成を意識する投資家も出て来る可能性を感じることになります。
なので日足には十分注意が必要です。

時間足別の環境認識

日足
陰線で確定しそうです。

実体を108万円より上か下かで目線が切り替わるので、今日の確定足には要注目となります。

4時間足
5/10を起点としたトレンドラインに接した段階で力強く買われたところを見ると、まだまだ目線は上にも汲み取れます。

仮に日足で108万円を下抜けたとしても、このトレンドラインが機能している限り安易に下目線になるのは危険かもしれません。

このトレンドラインのサポート力を下位の時間足と並行して注目もしたいと思います。

1時間足
直近の急落後の急騰で完全に下目線になるのは危険というのが汲み取れた以上、今はどちらに行くか方向を見極めれるまで待つのが堅実と言えます。

日足確定のタイミングで大きく動いていることから日足、4時間足の確定足で方向を確認した方が翻弄されないといえます。

参考資料

相場分析に使用しているTradingViewの使い方はこちら

TradingViewでインジケーターを設定する方法【初心者向け】

値動きについてはこちら

プライスアクションリサーチナビ 世界基準の分析理論を制する思考

意識される節目を特定する方法はこちら

多くの投資家が意識している節目を特定する考え方

チャートパターンからチャートの右側を予想する方法はこちら

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

まとめ

私の相場観が正しいと言えませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました