【相場観】ビットコイン 今、最も意識されている価格帯はココ! 20200928

私の相場観
#BTC #BITCOIN #仮想通貨 #仮想通貨ニュース 【相場観】ビットコインFXチャート分析 自信を持って言えます。ここが今最も意識されている価格帯です! 20200928

ここでは日々のチャート分析から取引候補としている銘柄の戦略についてノートに記録していることを公開しています。

注意

  • 日々の相場観で分析するのはBitcoinのみです。
  • 分析は毎日AM4:00頃に実施していますので、その時間までに形成されたローソク足での分析となります。
  • トレードスタイルは、スキャルピング〜デイトレードがメインです。
  • エントリーポイントは公開しません。
  • あくまでも私の相場分析と戦略です。一人のトレーダーの意見として参考にしてください。
  • 普段私が主にトレードしている銘柄は、Bitcoin、GOLD、USDJPY、EURUSD、GBPJPY、USDCHF、AUDJPYとなっています。

Bitcoin (ビットコイン)

Bitcoin (ビットコイン) 値動き 20200928

今日のニューストピック

Weiss Ratingsによると、
ビットコインやXRPよりも技術的に優れた10の暗号資産がある

10 Crypto Assets Technologically Superior to Bitcoin and XRP, According to Weiss Ratings | The Daily Hodl
Crypto rating agency Weiss Ratings is listing 10 cryptocurrencies that are technologically superior to Bitcoin and XRP. 

仮想通貨の格付け機関WeissRatingsは、10の暗号通貨がビットコインやXRPよりも技術的に優れていると述べています。

気になる評価された十の仮想通貨ですが、カルダノ(ADA)、Tezos(XTZ)、Fantom(FTM)、コスモス(ATOM)。

この4つは技術の面で最高の「優秀」の評価を獲得。

次に、Holo(HOT)、Ethereum(ETH)、Iota(IOTA)、Bitshares(BTS)、Grin(GRIN)、Nexus(NXS)の6つが「良い」という評価を受けています。

もしかしたら、この中の仮想通貨が一気に急騰魅せるかもしれませんね。

個人的には、カルダノ、Tezos、コスモスあたりは良いプロジェクトだなと感じています。

NEM,「Symbol」のテストネットリリース

NEM Symbol 0.10.0 Release Announcement & Testnet Launch
All, Thanks to a hugely coordinated effort between all the development and testing teams, the official 3 month Testnet has been released and so has v0.10.0 cod...

NEMは新ブロックチェーン「Symbol」の正式ローンチに向けてテストネット「Hippopotamus:v0.10.0」をリリースしたと公式サイトにて発表した。日本語でのバグ報告フォームも設けているとのこと。

このあと、期待上げで高値更新してくるか注目ですね。

昨日からの値動き

ビットコインは昨日の相場分析のあと、実体で意識されていた113万5千円を実体ベースで力強く上抜けをみせてきました。

まさにチャートパターンのアセンディングトライアングルが意識されたような力強さを感じさせてくれる上昇です。

しかし、その上昇は長く続かず、26日に見せた急騰で上げ止まった114万円の価格帯で頭を押さえつけられ失速。再度113万5千円が押し目として機能することもなく一気に113万円の価格帯も下抜けする展開となりました。

このまま一気に111万円108万円と安値を試していくかと思いきや、そこまでの売り圧力はなく、112万円の価格帯で下げ止まりをみせ、再度底固めをして上昇に転じて来ました。

この24時間で上を試し下を試したことで、今の相場環境で意識される価格帯の特定ができたことになります。

これからの値動きを分析する上で昨日の動画で値動きの前提を理解しておくと今日の分析により深みが増します。是非そちらも見て参考にしてください。

今日の相場分析

✅今回の分析で意識したポイント

今のレンジ相場で意識される価格帯

  • 114万円の価格帯
  • 113万円の価格帯レンジ中間点
  • 112万円の価格帯

レンジ上抜けのあと意識される価格帯

  • 116万円の価格帯
  • 120万円価格帯(トレンドライン、並行チャネルの上限、過去意識された価格帯)

レンジ下抜けのあと意識される価格帯

  • 111万円の価格帯
  • 108万円の価格帯
  • 5/10の安値を起点としたトレンドライン

✅目先で意識したいポイント

まずはレンジ相場をどちらに抜けるかに注目ですが、直近では底値を切上げるトレンドラインを引けるので、底値切り上げの三角保ちあいのチャートパターン であるアセンディングトライアングルを意識する投資家も少なくないといった感じです。

ただ、114万円の価格帯を試すことなく、レンジ中間点の113万円を下抜けしトレンドラインを試しにきた場合は、直近高値を結んだトレンドラインが意識される可能性もでてきます。

こうなるとアセンディングトライアングルではなく三角保ちあいになり、下落する可能性も出てくるので「アセンディングトライアングルだー」と上目線のままだと危険。

セオリー通り、三角保ちあいを抜ける方向を見極めるのが堅実となります。

ただ、レンジをブレイクするまでは一方向に力強く動くといった認識を持つのは危険なので、トレードするならよほどの圧力を感じない限り、謙虚にレンジまでの価格帯で決済するのが無難な相場環境。

無理に利益を伸ばさず、しっかり利益を積み上げる意識がベストと判断しています。

時間足別の環境認識と戦略

週足

陰線ピンバーで確定しそうです。

最後の引けで一気に上昇し陽線に転じると、このあとの値動きは上昇ムードになるのですが、はたしてそうなるか?確定が楽しみです。

日足

今のままだと下髭の長いコマで確定しそうです。

日足レベルで逆U字を想像できることから、今後の展開次第では急騰前水準の108万円まで下落する可能性も十分考えられます。

日足ではこれ以上汲み取れないので、下位の時間足から上値の重さと買い圧力の強弱バランスを見極めて売り買いどちらのほうが強いか見極めたいと思います。

4時間足

下落後の自律反発でまだ下落前水準の114万円を取り戻せていない状況です。

この後の時間で113万円がサポートとして機能し、114万円を試しに行けるか?

それとも途中で頭を押さえつけられ、113万円のレンジ中間点を下抜けするか?

下位の時間足と並行して注目していきたいと思います。

1時間足

114万円の手前で売り込まれていることから上値はまだまだ健在といったところ、113万円の価格帯がサポートとしてどれだけ機能して上を試せるか?

上を試した時にしっかりと意識される価格帯へ喰い込みを見せて節目を意識させれるかに注目といったところです。

戦略

正直触りにくいです。

ただ日足レベルでは逆U字を意識できることから、
確定足が陰線コマなら展開次第では売りで入り、レンジ下抜け108万円の価格帯を試す優位性が高まります。

そのチャンスとなる下落圧力の強さを感じたら積極的に売りを検討したいと思います。

ただ、長期ではまだ上昇トレンドの範疇なので、余程明確なサインが出て自信をモテない限り様子見が堅実です。

参考資料

相場分析に使用しているTradingViewの使い方はこちら

TradingViewでインジケーターを設定する方法【初心者向け】

値動きについてはこちら

プライスアクションリサーチナビ 世界基準の分析理論を制する思考

意識される節目を特定する方法はこちら

多くの投資家が意識している節目を特定する考え方

チャートパターンからチャートの右側を予想する方法はこちら

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

まとめ

私の相場観が正しいと言えませんが、少しでも何かの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました