プライスアクションリサーチナビ 世界基準の分析理論を制する思考

プライスアクション
プライスアクションリサーチナビ  世界基準の分析理論を制する思考

プライスアクションとは?

プライスアクションとは時間の経過に伴う基本的な「値動き」のことで、金融市場の推測のための方法理論です。

プライスアクションは「高値、安値の更新力」を重視した分析理論であり、値動きの特徴や癖をシンプルに定義することで世界基準で用いられています。

簡単に言えば、プライスアクションは市場価格の推移です。
一般的には為替や株式などの流動性とボラティリティが高い市場で最も簡単に観察されますが、実際には、自由市場で購入または販売されたものはすべてプライスアクションで構成されているのです。

多くの投資家はプライスアクションは意識して相場分析を行いトレードをしているのですが、その分析方法は市場の過去の値動きを利用しています。

最も一般的な分析方法は
・過去にあった同じ価格帯での値動きからサポートとレジスタンスが機能するか?
・初動からどれくらい価格が変化しているか?
・値動きの力強さはどうか?

これらの意識して、多くの投資家の思考を読み解き見えないチャートの右側の仮説を立てていく訳です。

そして仮説を立てるときに参考としているのが過去の値動きとなっています。

過去の値動きには、取引の「手掛かり」が特徴としてチャートに残されていることを知っている多くの投資家は、これらの手がかりを解釈して使用し、市場の次の動きを試して予測しているのです。

金融市場で生き残るには、より多くの投資家の思考を汲み取ることが重要となりますので、この世界基準で用いられている分析理論を理解し制することは、とても有効であるといえます。

プライスアクションを学ぶにはローソク足チャートを理解しましょう

私はFXのトレードを学ぶ過程でいろんなチャートタイプがあるのを知りました。
バーチャート、ラインチャート、平均足といろいろありますが、ローソク足チャートが一番値動きの経緯を理解しやすく最も優秀なインジケーターだと他のチャートと見比べてはっきりと確信できました。
ローソク足は市場の強弱を明確に表示強弱や勢いを最も分かりやすく示してくれるチャートといえます。

ローソク足の7つの要素

まずはローソク足の基本ですが、ローソク足には7つの要素があります。

  • 始値
  • 高値
  • 安値
  • 終値
  • 実体
  • 上ヒゲ
  • 下ヒゲ

ローソク足はどんな時間軸でもあります。一般的によく用いられるのが、1日の値動きを表す日足、4時間の値動きを表す4時間足、1時間の値動きを表す1時間足、15分の値動きを表す15分足として、値動きをローソク足として表現しています。

終値が始値よりも高ければ陽線となります。
逆に終値が始値よりも低ければ陰線となります。

陽線と陰線は違う色で表現されます。チャートソフトの設定を変えれば自由に色を変更できます。
私の場合は陽線を白に、陰線を青に設定していることが多いです。

ローソク足の中身

ローソク足は設定した時間軸、例えば1時間足なら1時間の値動きをローソク足として表現したものと上記で解説しましたが、実際にローソク足の中身がどうなっているか?
図を見ていただくと分かりやすいです。

これは1分足のローソク足のローソク足の上に15分足のローソクを重ねて表示させたものですが、ローソク足を形成するにあたり、必ず一直線で上位時間足のローソク足を形成するのではなく、小さな時間足でも上下に動きながらローソク足を形成していることが、この図からなんとなく分かるかと思います。

ローソク足の分析の鍵は実体の大きさと髭の長さにあり

ローソク足を分析するにあたり、まず注目するのは以下の3つです。

  • 陽線なのか陰線なのか(前回よりも上なのか下なのか)
  • 実体の大きさはどうか
  • 髭の長さはどうか

これだけです。

その中でも注目して欲しいのが実体の大きさと髭の長さの2つとなります。

実体の大きさ

ローソク足の実体の長さは値動きの勢い、トレーダーの強気/弱気の感情を表します。

実体が大きいということは、買いや売りの勢いが強かったということです。
陽線の実体が大きければ買いの勢いが強かったということとなり、陰線の実体が大きければ売りの勢いが強かったということになります。

逆に実体が小さい場合は、買いや売りの勢いが無かったということです。

ヒゲの長さ

上髭、下髭は多くのトレーダーが売り買いの判断を切り替えるポイントと判断できます。

下落して陰線を形成している中で、多くのトレーダーがまだ売りだという下目線が多ければ、ローソク足は陰線となり大きな下ヒゲはつきません。
例えば4時間ずっと多くのトレーダーが下目線のままだったら、下髭がほとんどついていない4時間足の陰線になるはずです。

それに対し、4時間のうち最初の2時間は下目線だったけれど、後半の2時間は買い目線に転換して売りの決済や新規での買いが大量に入った場合、その4時間足は大きな下髭を付けることになります。

この多くの投資家の目線の変化がサポートラインやレジスタンスライン付近で起きると、トレンド転換の可能性が高まってきます。

ローソク足のパターン

いろいろなローソク足がありますが、意識すべきローソク足のパターンが存在します。

そもそもローソク足は1700年代の日本の米相場の時代から使われていて、その種類はたくさんあるのですが、FXトレーダーなら必ず覚えておきたい3つのパターンを解説しましょう。

  • 髭が著しく長く実体が小さい陽線or陰線(ピンバー)
  • 上髭と下髭の長さがほぼ同じで実体が小さい陽線or陰線(コマ)
  • 髭がない状態で確定した大陽線or大陰線(丸坊主)

これらのパターンはいずれもトレーダーの強気/弱気の心理を読み取るのに役立つパターンです。
トレンドの継続や終息そして転換となる瞬間の判断材料として使われています。

ピンバー

髭が著しく長いピンバーはよく転換点のサインとして判断されますが、下記のように、これからそちらの方へ行くという試しのサインも実は存在します。

なので一概にピンバーが出たからといって転換すると安易に決めてはいけないということです。
あくまでも前提の相場環境がどうなっているか注意する必要があります。

逆に前提の相場環境を把握していたら、次のローソク足で下げ幅限定が見えたらエントリーチャンスになるのです。

コマ

急騰急落後にできたコマは投資家の気の迷いとして判断できます。髭のトップでレンジを形成しその後、ゆっくり時間をかけてボラティリティを縮小させ次行く方向を定めるのが特徴です。

特に注意が必要なのはピンバーが出たから相場の転換点として考えるのは危険で、黄色の矢印のように連続してできたピンバーの場合は複合コマとしてまだ方向感が定まってないと判断したほうがいい相場環境といえます。

丸坊主

丸坊主で確定した場合、力強さから次のローソク足も同じ方向へ継続して進行して行くというのが一般的な分析ですが、次の時間足で下をほぼ試さず上に力強く自律反発した場合、次の時間足で丸坊主のローソク足を包むような自律反発が現れた場合は、転換点となる可能性が高いです。

なので、丸坊主で確定しているからとしてトレンドが進行すると思い込むのは危険で次のローソク足のパワーバランスをきちんと見極める必要があるといえます。

ローソク足の信憑性を判断する3つのコツ

上記で一部説明もしていますが、ローソク足のパターンそのものが重要なのではありません。
何も考えずにローソク足のパターンだけを意識してトレードしたら痛い思いをするのはわかったかと思います。

常に目まぐるしく変化する目の前のローソク足から、パターンが勝てる見込みのあるものかを判断できないといけません。
それにはいくつかコツがあるので、そのうちの3つをここで手短に解説します。

  • サポートライン、レジスタンスラインを意識する
  • 相場環境(上昇トレンド?下降トレンド?レンジ?)を意識する
  • ボラティリティを読む

サポートライン、レジスタンスラインを意識する

だれも意識していないところでローソク足のパターンだけが出ても意味がありません。
多くの人が意識しているサポートラインやレジスタンスラインまで引きつけ、そこでローソク足のパターンが出たらチャンスとなります。

ラインの引き方はごくシンプルなもので構いません。
誰もが引いていそうなラインを引くことがポイントです。

それらのラインにしっかりと引きつけてからローソク足のパターンでエントリーするのが効果的です。

相場環境(上昇トレンド?下降トレンド?レンジ?)を意識する事

レンジの中のごちゃごちゃした値動きの中で押し目や戻しのエントリーを狙ってもうまくいきません。
レンジ相場ではレンジの上の方で売りのローソク足、下の方で買いのローソク足を見つけて逆張りします。

一方で強いトレンドが出ている場合には、完璧なピンバーが出現したとしても、トレンドに逆らう方向にエントリーしていてはうまくいきません。

今どんな相場環境なのか?という背景状況を把握したうえでローソク足を読む必要があります。

ボラティリティを読む

ボラティリティはローソク足の値動きに信憑性を持たせる上で非常に役立ちます。

基本的に、今まで見られなかった大きな値動きのローソク足は信憑性が高いです。

ボラティリティが 小さい=参加している投資家が少ない or 方向性が定まってない ということがあります。

なので、節目をブレイクしたあとは、ロスカットと新規注文が入るので一方向へ力強く伸びトレンドが発生するというわけです。

ローソク足 まとめ

一旦まとめます。

ローソク足チャートは一番わかりやすく、世界で最も使われているチャートのタイプである。

ローソク足には、始値、高値、安値、終値、実体、上ヒゲ、下ヒゲという7つの要素がある。

ローソク足の実体はトレーダーの強気・弱気の感情の強さを示す。

上ヒゲ、下ヒゲはトレーダーの強気・弱気の感情の変化を示す。

ローソク足には様々なパターンが存在して、そのなかでも最もおすすめで、最初に覚えてもらいたいのは

  • ピンバー
  • コマ
  • 丸坊主

この3つのローソク足のパターンです。

しかし、この3つのパターンそのものが重要というわけではなく
それだけを頼りにトレードしても勝てないということ。

大切なのは目の前に現れたローソク足の信憑性を判断すること。

  • サポートライン、レジスタンスラインを意識する
  • 相場環境(上昇トレンド?下降トレンド?レンジ?)を意識する
  • ボラティリティを読む

この3つを意識することでローソク足の値動きに信憑性を持たせることが可能です。

プライスアクションの基礎 6選

ここでは世に出回ってるプライスアクション理論について解説していきたいと思います。

スラストアップ・スラストダウン

スラストアップ・スラストダウン

スラストアップとは「前日のローソク足の高値 < 当日のローソク足の終値」という状態になることです。

つまり、前日のローソク足の高値を、当日のローソク足の終値が更新した状態。

上昇トレンド中に発生しやすく、トレンドの強さを確認できるプライスアクションになります。

スラストダウンはスラストアップの逆で、「前日のローソク足の安値 > 当日のローソク足の終値」という状態になることです。

つまり前日のローソク足の安値を、当日のローソク足の終値が更新した状態。

下落トレンド中に発生しやすく、トレンドの強さを確認できるプライスアクションになります。

ランウェイアップ・ランウェイダウン

ランウェイアップ・ランウェイダウン

ランウェイアップとは、価格が段階的に値上がりしていくときに見られる代表的なプライスアクションです。

以下の2つを満たしているのが特徴となります。

  1. 基準となる日の高値が、過去N日間のローソク足の最高値を上回っている。
  2. 基準となる日の安値が、未来N日間のローソク足の最安値より低い。

N日間というのは、あらかじめ決めておくローソク足の日数(本数)で、一般的には日足の5本分が使われ、基準とするローソク足の前後5日分の基準をもとに判断されます。

ランウェイダウンとは、ランウェイアップの逆で価格が段階的に値下がりしていくときに見られる代表的なプライスアクションです。

以下の2つを満たしているのが特徴となります。

  1. 基準となる日の安値が、過去N日間のローソク足の最安値を下回っている。
  2. 基準となる日の高値が、未来N日間のローソク足の最高値より高い。

N日間というのは、あらかじめ決めておくローソク足の日数(本数)で、一般的には日足の5本分が使われ、基準とするローソク足の前後5日分の基準をもとに判断されます。

スパイクハイ・スパイクロー

スパイクハイ・スパイクロー

スパイクハイは、ローソク足の形は上髭の長いピンバーと同じようなものですが、違いが2つあります。

  • 上昇トレンドの高値水準の付近で発生する。
  • 上方向に長い髭ができ、下方向に実体がある。

つまり、値動きとしては、上昇トレンドの最終局面で一度高値を試したものの押し戻されて取引を終えたという状態です。

その後トレンドが転換して、上昇トレンドが終了する可能性のあるプライスアクションとなります。

スパイクローは、スパイクハイの逆でローソク足の形は下髭の長いピンバーと同じようなものですが、違いが2つあります。

  • 下落トレンドの安値水準の付近で発生する。
  • 下方向に長い髭ができ、上方向に実体がある。

つまり、値動きとしては、下落トレンドの最終局面で一度安値を試したものの押し戻されて取引を終えたという状態です。

その後トレンドが転換して、下落トレンドが終了する可能性のあるプライスアクションとなります。

インサイド・アウトサイド

インサイド・アウトサイド

インサイドは、前日のローソク足の高値と安値の間に、当日のローソク足の実体 + ヒゲの全てがおさまった状態です。

インサイドになった後は徐々にボラティリティを縮小させ、三角保ち合いの値動きへシフトする傾向がありますが、基本は高値安値の中に収まってるレンジとして考えます。

通常は日足でチェックとなります。

インサイドがはじまった日の高値をブレイクアウトしたら、買い方向でエントリー。

インサイドがはじまった日の安値をブレイクアウトしたら、売り方向でエントリーが一般的。

安値や高値付近では、トレンドの転換になることもあるので、注意深く見ておく必要があります。

アウトサイドは、逆三角保ち合いの動きと似ていて、こちらも日足でチェックします。

現在のローソク足が、前日のローソク足をすっぽり包みこむ形になれば、プライスアクションの発生となります。

包みこんだローソク足の高値をこえていけば、買いでエントリー。

安値をこえていけば、売り方向でエントリーが一般的。

なおトレンド方向へのブレイクアウトでエントリーすると、成功率が上がります。

アウトサイドの利点は、ランウェイと違って前日の高値安値をブレイクしたらエントリーチャンスの判断ができるという点です。

フェイクセットアップ

フェイクセットアップ

長期的なレンジ相場で、ブレイクアウトしたような値動きを見せたあと、逆方向への勢いがついて失敗するプライスアクションです。

注意するポイント

  • 実体でブレイクアウトしてローソクが確定していない場合はインサイド継続と判断。
  • 実体がブレイクアウトしてローソクが確定していたとしても次のローソクがレンジに実体を回帰させてきたら、インバーテッドもしくはレンジ幅を広げたと疑い明確にブレイクするのを待つ。

フォールス・ブレイクアウト

フォールス・ブレイクアウト

過去につけた高値または安値を更新したものの、本格的なブレイクに失敗して発生するプライスアクション。
意識されている節目でよく発生し、前回ブレイクできなかった抵抗帯を一度は力強く喰い込み前回の価格を更新したもののブレイクすることができず力強く押し戻された場合、ブレイクに追随する目的だった投資家の目線が修正され一気に逆方向へシフトした時の値動きです。
重要な価格のブレイクが一転し、反転の値動きが加速することを示唆するプライスアクションとなります。

小ネタ

フェイクセットアップやフォールス・ブレイクアウトやスパイクの値動きのことを2Bリバーサルと表現する人もいます。

画像で確認できるように2Bリバーサルを合成するとピンバーになりました。

つまり、

ピンバー = 2Bリバーサル

ということが言えます。

プライスアクションの基礎 まとめ

一旦まとめます。

プライスアクションの基礎として覚えておいた方がいいパターンは6つ

  • スラストアップ・スラストダウン
  • ランウェイアップ・ランウェイダウン
  • スパイクハイ・スパイクロー
  • インサイド・アウトサイド
  • フェイクセットアップ
  • フォールス・ブレイクアウト

正直、実際のトレードにおいて教科書通りのプライスアクション(値動き)を判断するのは難しいことも多々あります。

その理由は、見ている時間軸によってローソクの見え方が変わってくるからです。

その結果、どうしても近視眼的になったりバイアスが掛かったりするので、イメージできなかったり、逆に混乱してしまう場合もあります。

ただ一つ言えるのは、パターンを知っていると見えない右側の仮説を立てやすくなるという事実です。

ましてや、世界共通のパターンである以上、多くの投資家も意識しています。

覚えておいて損はありません。

あわせて読んでほしい記事

チャートパターンの極意 初動を捕らえるための思考法

FXが上達する勉強方法はとてもシンプルです

タイトルとURLをコピーしました